はじめて受診される方へ

TEL0565-41-7730

9:30~12:45、14:45~18:00
休診:木午後・土午後・月・日祝
初診のご予約は、080-3674-7732にお電話ください。
再診受付は、診療終了時刻の30分前まで可能です。

  1. ホーム
  2. はじめて受診される方へ

はじめて受診される方へ

初診の流れ

1電話

当院では、初診は完全予約制です(18歳以上が対象となります)
 
◆ 最新の空き情報は、TOPページの<初診枠の空き情報>をご覧下さい

 →初診予約は2週間程先まで可能です
 →来院前に、お電話にて、最新の空き状況をご確認ください

◆ 初診予約 専用携帯:08036747732
 までお電話下さい
 →SMSやEメールでの対応は、現在の所、行っておりません

□ 予約受付 時間帯
  火水金 午前   9:00 – 12:45
   
   午後 14:45 – 18:00
  木土  午前   9:00 – 15:00
  
□ 9〜10時は、当日・翌診療日の初診希望の方 専用受付時間です
→ 当日・翌診療日に空きがない場合は、 翌診療日以降も受付可能です
 

◆ その他の注意事項
□ 受診されるご本人からの電話のみ予約可能です →受診意志の確認をさせて頂きます

土曜と平日17時以降に通院希望の方の初診受付が難しい状況です →現在、その時間帯の再診予約が困難のため

 他院にて、精神症状と関係する身体疾患(脳疾患・てんかん・甲状腺疾患・悪性腫瘍など)を治療中の方、他科の医師から精神科受診を勧められた方は、可能であれば紹介状をお持ち頂けますと助かります

5年以内に精神科病院への入院がある方は、当院での診療が難しい場合もございますので、紹介状をお持ち頂けますと助かります

事前に予診票をクリニックまで取りに来て頂いて、ご自宅でゆっくりと記入頂き、初診日にお持ち頂くことをお勧めさせて頂いております

◆ 当院では、社交不安症 パニック症  うつ病  の3疾患の治療に力を入れております

□ 社交不安症状(人前で赤面・発汗 何を話していいか分からなくなる 書字・電話の緊張 対人緊張 誘いを断れない 雑談でも緊張する  等)が続いている方 (薬物療法(かなりの効果があります)が中心になります 運転禁止でないお薬があります 妊娠中/授乳中の方の服用はお勧めしておりません)

□ パニック発作(呼吸の苦しさ 動悸 めまい しびれ 発汗  ほてり 等)が急に出現し、運転・渋滞・トンネル・高速道路・電車・バス・飛行機が乗れない、美容院・MRI・パチンコ・レジ列が苦手、トイレが心配になる等の症状が目立つ方

□ うつ症状(気分の落込・集中力低下・疲労感・不眠等)が目立つ方、早めの治療や休養の診断書を希望される方、症状が落ち着けば、復職支援(リワーク)も行います

お気軽にご相談ください。

◆ 現在、当院での対応が難しい方

1 自傷他害のおそれ(大量服薬 自殺念慮が強い 首つり 首しめ リストカット レッグカット 包丁を持出す 暴行 暴言 脅迫等)がある方
→警察や入院施設のある専門病院へご相談ください
2 認知症 重度の知的障害 発達障害(自閉スペクトラム症 学習障害等 *ADHDの薬物療法(当院でコンサータ処方はできません)・生活指導は当院でも一部可能です*)摂食障害 性同一性障害 PTSD 解離性障害 アルコール依存 覚せい剤使用歴のある方 ギャンブル依存 パーソナリティ障害 18歳未満の治療 てんかん治療 認知行動療法 等の専門的治療が必要な方
→専門医療機関とご相談ください 
3 継続した定期通院ができない方
4 大量のお薬の処方を希望される方
5 セカンドオピニオン(自費)
6 鑑定 裁判関係 離婚関係の書類作成 交通事故の後遺症認定や治療 労災関係
7 治療意欲のない方 医師の指示に従う事が難しい方
8 定期的な入院治療が必要になる方
9 症状不安定な統合失調症(幻聴 幻視 など)の方 → 入院施設のある専門病院へご相談ください
10 頭痛・めまい・吐き気・自律神経などへの直接的な治療をご希望の方(内科等へご相談ください。精神疾患による2次的な症状(ストレスサインなど)であれば、当院治療でもゆっくりとした改善が見られます。)
11 当院にてカウンセリング希望の方
12 当院にてデイケア希望の方(当院で診療+他院デイケア利用は、症状によっては可能です)
13 睡眠呼吸障害の診断治療(睡眠時無呼吸症候群(いびき・中途覚醒・昼の眠気等が目立つ方)→睡眠を専門とする医療機関へ
#簡易検査は当院でも可能です 
14 rTMSによる治療をご希望の方
15 ご家族が当院に通われている方(当人の利益尊重・秘密保持が困難なため)

2受付

◆ 医師診察の前に、予診票のご記入や、スタッフによる予診があります
◆ 予約の際に指定された時間に受付にお越しください
◆ 駐車場が満車になることがありますので、車で来院される方はお早めにお越し下さい

◆来院時に必要なもの:保険証、各種受給者証、お薬手帳、紹介状(ある場合)→受付でお出し下さい。

3予診票の記入 予診(1〜2時間程度)

当院スタッフが、気になる症状やご希望について、個室でお伺いいたします。経過が長い場合や相談事が多い場合には、時間を要します。医師診察の前に、相談内容に応じた病気のパンフレットや、当院の治療方針についてお読み頂きます。

4診察:診断と治療方針の決定

パンフレットや図を使って、わかりやすくご説明します。

5検査(採血)(必要な場合に行います)

他の病気との区別と、副作用の確認をします。

6会計と処方箋発行「院外処方」

ご希望の薬局にてお薬をお受け取りください。

初めての受診にかかる費用

健康保険証をお持ちで3割負担の場合、3500-4000円くらいです。
その他、各種検査(採血など、特殊な心理検査)を実施した場合、各種証明書や診断書を作成した際には、別途料金がかかります。

当クリニックは院外処方です。

診断書等の発行について

重要診断書等の発行は、本人が「診察前」に受付でご依頼ください。

  • 文書作成は、医師が行います。当院所定の診断書(休職や受診証明など)以外の書類に関しましては、原本を受診時にお持ちください。迅速な発行を心がけています。
  • ほとんどの診断書が作成可能ですが、作成のためにしばらく通院の必要がある書類(例:精神保健福祉手帳は通院6ヶ月、障害年金は1年半の通院が必要となります)もあります。また、追加診察・心理検査・現症の確認が必要な書類もありますので、ご了承ください。休養のための「当院書式の診断書」は、即時発行が可能です。特殊な診断書は、記載にお時間を頂戴することがあります。
  • 休職中の「傷病手当金」に関する書類発行に関しては、定期受診が必要です(書類不備がない場合、初回は1週間程度で作成可能です)。
  • 診断書には事実と異なる記載はできません。医師の医学的判断に基づいて記載します。
  • 守秘義務の問題があり、本人以外による「診断書等の発行」は行っておりません。ご本人に意向を直接ご確認させていただきます。