ブログ

TEL0565-41-7730

9:30~12:45、14:45~18:00
休診:木午後・土午後・月・日祝
初診のご予約は、080-3674-7732にお電話ください。
再診受付は、診療終了時刻の30分前まで可能です。

  1. ホーム
  2. 医院ブログ
  3. こころの症状や病気
  4. うつ病のすべての記事
  5. 反復性うつ病へのマインドフルネス認知療法と抗うつ薬を併用している場合に、薬をやめたらどうなるか?

ブログ

反復性うつ病へのマインドフルネス認知療法と抗うつ薬を併用している場合に、薬をやめたらどうなるか?

→抗うつ薬も続けないと再発リスクが上がります。 okusuri_techou Discontinuation of antidepressant medication after mindfulness-based cognitive therapy for recurrent depression: randomised controlled non-inferiority trial マインドフルネス認知療法は第三世代のCBT(認知行動療法)と呼ばれていますが、これに関する論文が、イギリスの有名誌BJPに載っていたので紹介します。 1 MBCT(マインドフルネス認知療法)+抗うつ薬(mADM)継続 2 MBCT(マインドフルネス認知療法)+抗うつ薬(mADM)中止 のRCTで、結果は、2にすると再発リスクが上がってしまうとのこと。再現性の確認が待たれますね。 Abstract Background: Mindfulness-based cognitive therapy (MBCT) and maintenance antidepressant medication (mADM) both reduce the risk of relapse in recurrent depression, but their combination has not been studied. MBCTもmADMも単独では反復性うつ病の再発を減らすことは今までに分かっていましたが、併用した時のことはわかっていませんでした。 Aims: To investigate whether MBCT with discontinuation of mADM is non-inferior to MBCT+mADM. 1 MBCT(マインドフルネス認知療法)+抗うつ薬(mADM)継続 2 MBCT(マインドフルネス認知療法)+抗うつ薬(mADM)中止 を比べます。 Method:A multicentre randomised controlled non-inferiority trial (ClinicalTrials.gov: NCT00928980). Adults with recurrent depression in remission, using mADM for 6 months or longer (n = 249), were randomly allocated to either discontinue (n = 128) or continue (n = 121) mADM after MBCT. The primary outcome was depressive relapse/recurrence within 15 months. A confidence interval approach with a margin of 25% was used to test non-inferiority. Key secondary outcomes were time to relapse/recurrence and depression severity. 成人の反復性うつ病で6ヶ月以上抗鬱薬を飲んでいる249人を対象として、約半数ずつ抗うつ薬継続/中止でランダム割付した。 プライマリアウトカムは、15ヶ月以内の再発とした。セカンダリアウトカムは再発までの時間とうつ重症度とした。 Results:The difference in relapse/recurrence rates exceeded the non-inferiority margin and time to relapse/recurrence was significantly shorter after discontinuation of mADM. There were only minor differences in depression severity. 抗うつ薬を中止した群では、25%のマージンよりも再発率は高く、再発までの時間も短かった。うつ重症度には少しだけ差があった。 Conclusions:Our findings suggest an increased risk of relapse/recurrence in patients withdrawing from mADM after MBCT. MBCTのあとでもmADMを中止すると再発率が上がってしまうことが示唆された。 <総評> 外来で処方していても感じますが、やはり抗うつ薬は再発予防には効果的ですね。初回は良くなってから1年間、再発例ではできるだけ継続することをお勧めしています。調子が良くなり薬を無事に卒業される方と、一緒に回復を喜ぶのは診療の励みになります。 私も通勤電車や寝る前にマインドフルネス瞑想を行う時もありますが、短時間でも効果を感じます。個人的にはボディスキャンがかなり有用と感じます。 愛知県豊田市の心療内科 豊田土橋こころのクリニック 2016年8月開院

2016.04.01 | うつ病のすべての記事,認知行動療法(CBT),うつ病 一般,こころの症状や病気,カウンセリング,ストレス 適応障害 孤独,論文紹介,復職 リワーク,マインドフルネス