ブログ

TEL0565-41-7730

9:30~13:00、15:00~18:15(木・土9:30~13:00)
休診:月曜・日曜・祝日
初診のご予約は、診療時間内にお電話ください。
再診受付は、診療時間終了の30分前まで可能です。

  1. ホーム
  2. 医院ブログ
  3. 院長
  4. 院長の著書一覧
  5. 「院長の著書一覧」

ブログ

「院長の著書一覧」

院長の著書一覧(共著含む)

jisyo_jiten_boy

<日本語>
1. デュロキセチンの基礎. 精神科 17(1): 科学評論社. pp. 47-55.  (2010) →抗うつ薬であるデュロキセチンの基礎的な実験結果についてまとめたものです

2. 気分障害(うつ病・双極性障害). 病気と薬パーフェクトBook 2010, 南山堂: 975-982.  (2010) →気分障害の疫学、診断、治療をまとめたものです

3. 気分障害(うつ病・双極性障害). 病気と薬パーフェクトBook 2011, 南山堂: 1049-1057.  (2011) →気分障害の疫学、診断、治療をまとめたものです 2010年版をupdateしました

4. 気分障害研究の現状と展望. 学術の動向 2011年7月号, 日本学術協力財団.  (2011) →気分障害研究の現状についての概説です

5. 薬で「治る」とはどういうことか?-脳科学への期待-. 精神科臨床サービス, 星和書店. 12: 11-15. (2012) →心療内科や精神科の病気の症状が良くなるときに一緒に起こる脳内の変化についての概説です

6. 気分障害(うつ病・双極性障害). 病気と薬パーフェクトBook 2012, 南山堂. (2012) →気分障害の疫学、診断、治療をまとめたものです 2011年版をupdateしました

7. 海馬構造・機能と遺伝子多型 . 分子精神医学2012年4月号 (Vol.12 no.2), 先端科学社. (2012) →遺伝子多型が海馬の構造や機能にどのように影響を与えるのかに関しての概説です

8. 精神科領域における静脈血栓塞栓症の予防法についての検討. 精神科. 24: 420-430. (2014) →精神科領域における静脈血栓症とその結果起こる塞栓症について検討したものです

9. 高齢発症の統合失調症. 精神科. 25(4): 440-444.  (2014) →高齢者における統合失調症について概説したものです

<英語>
1. Koide T, Aleksic B, Ito Y, Usui H, Yoshimi A, et al. (2010) A two-stage case-control association study of the dihydropyrimidinase-like 2 gene (DPYSL2) with schizophrenia in Japanese subjects. J Hum Genet 55: 469-472. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因研究です。

2. Banno M, Koide T, Aleksic B, Yamada K, Kikuchi T, et al. (2011) A case control association study and cognitive function analysis of neuropilin and tolloid-like 1 gene and schizophrenia in the Japanese population. PLoS One. 2011;6(12):e28929 →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因と認知機能に関する研究です。

3. Banno M, Koide T, Aleksic B, Okada T, Kikuchi T, et al. (2012) Wisconsin Card Sorting Test scores and clinical and sociodemographic correlates in Schizophrenia: multiple logistic regression analysis. BMJ Open. 2012 Nov 6;2(6). pii: e001340 統合失調症と対照群の認知機能(ウィスコンシンカードソーティングテスト)に関する研究です

4. Furumura K, Koide T, Okada T, Murase S, Aleksic B, et al. (2012) Prospective Study on the Association between Harm Avoidance and Postpartum Depressive State in a Maternal Cohort of Japanese Women. PLoS One. 2012;7(4):e34725 周産期うつ病に関する研究です

5. Hayakawa N, Koide T, Okada T, Murase S, Aleksic B, et al. (2012) The postpartum depressive state in relation to perceived rearing: a prospective cohort study. PLoS One. 2012;7(11):e50220 周産期うつ病に関する研究です

6. Koide T, Aleksic B, Kikuchi T, Banno M, Kohmura K, et al. (2012) Evaluation of factors affecting Continuous Performance Test Identical Pairs Version score of schizophrenic patients in a Japanese clinical sample. Schizophrenia Research and Treatment. 統合失調症と対照群の認知機能(CPT 注意機能を調べるテスト)に関する研究です

7. Koide T, Banno M, Aleksic B, Yamashita S, Kikuchi T, et al. (2012) Common Variants in MAGI2 Gene Are Associated with Increased Risk for Cognitive Impairment in Schizophrenic Patients. PLoS One 7: e36836. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因と認知機能に関する研究です

8. Aleksic B, Kushima I, Ohye T, Ikeda M, Kunimoto S, et al. (2013) Definition and refinement of the 7q36.3 duplication region associated with schizophrenia. Sci Rep 3: 2587. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因に関する研究です

9. Shiino T, Koide T, Kushima I, Ikeda M, Kunimoto S, et al. (2013) Common variants in BCL9 gene and schizophrenia in Japanese population: Association study, meta-analysis and cognitive function analysis. Journal of Medical Biochemistry. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因と認知機能に関する研究です

10.Ohoka H, Koide T, et al. (2014). “Effects of maternal depressive symptomatology during pregnancy and the postpartum period on infant-mother attachment.” Psychiatry Clin Neurosci. (2014 フォリア賞(日本精神神経学会 学会賞))周産期うつ病に関する研究です

11. Wang, C., et al. (2014). “Novel rare variants in F-box protein 45 (FBXO45) in schizophrenia.” Schizophr Res 157(1-3): 149-156. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因に関する研究です

12. Xing, J., et al. (2014). “Resequencing and association analysis of PTPRA, a possible susceptibility gene for schizophrenia and autism spectrum disorders.” PLoS One 9(11): e112531. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因に関する研究です

13. Kimura, H., et al. (2015). “Association study of BCL9 gene polymorphism rs583583 with schizophrenia and negative symptoms in Japanese population.” Sci Rep 5: 15705. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因に関する研究です

14. Kimura, H., et al. (2015). “Identification of Rare, Single-Nucleotide Mutations in NDE1 and Their Contributions to Schizophrenia Susceptibility.” Schizophr Bull 41(3): 744-753. →統合失調症の発症脆弱性に関する遺伝要因に関する研究です

上記の文献が無事完成しましたのも、
多くの大学教官の先生方からのご指導と大学院生やスタッフからのご協力のおかげです。

この場をお借り致しまして、あらためて深く御礼申し上げます。

2016〜は、当クリニックでの診療が医師業務の中心となっておりますが、
当院でよく診療する疾患に関しては、できるだけ最新の論文に目を通すようにしております。

愛知県豊田市の心療内科 豊田土橋こころのクリニック 2016年8月開院

[`evernote` not found]

2016.05.20 | 院長の著書一覧