ブログ

TEL0565-41-7730

9:30~12:30、14:45~17:45
休診:木午後・土午後・月・日祝
初診のご予約は、080-3674-7732にお電話ください。
再診受付は、診療終了時刻の30分前まで可能です。

  1. ホーム
  2. 医院ブログ
  3. こころの症状や病気
  4. うつ病のすべての記事
  5. 「新しいことを記憶できなくなる病気ってある?」

ブログ

「新しいことを記憶できなくなる病気ってある?」

認知症とコルサコフ症候群(長年のアルコール多飲に引き続き起こることが多い)が代表的です。 認知症では、特にアルツハイマー病において、初期に数分程度の遅延再生(さくら ねこ 電車)が障害されます。長谷川認知症スケールやMMSEが簡便です。 MCI(軽度認知障害)に対してはMOCA-J(MMSEよりちょっと難しい)などがあります。結果として、問診の際に取り繕ったり、家族の方を振り返るhead-turning sign(振り向き兆候)が見られるようになります。 認知症 コルサコフ症候群では、数分前のことは覚えていますが、数十分前の事は忘れてしまうようです。これまで10名ほど担当したことがありますが、作話(無意識に話を作ってしまう症状)があるため、研修医の先生や他科ドクターと一緒に診察すると記憶障害がないと思われることもありました。繰り返し問診(食事内容など)したり、本人と周りの方からの微妙な話の食い違いを追って行けば、診断は容易だと思います。 アルコール中毒 アルコール依存症は自覚症状が少なく(否認の病いとも言われます。)、長期間のアルコール多飲が続くと脳萎縮、気分変動、記憶力低下、てんかん発作が出てくることがあります。最近では依存症治療に薬物治療だけでなく、認知行動療法も取り入れられるようになってきています。 うつ病では物覚えは悪くなりますが、時間をかければおおよそ思い出すことができます。 飲酒はほどほどにしましょう。相談はお気軽に。 愛知県豊田市の心療内科 豊田土橋こころのクリニック 2016年8月開院

2016.03.27 | うつ病のすべての記事,こころの症状や病気,認知症,依存症