ブログ

TEL0565-41-7730

9:30~12:45、14:45~18:00
休診:木午後・土午後・月・日祝
初診のご予約は、080-3674-7732にお電話ください。
再診受付は、診療終了時刻の30分前まで可能です。

  1. ホーム
  2. 医院ブログ
  3. こころの症状や病気
  4. うつ病のすべての記事
  5. 「他の誰かに自分の幸せを祈ってもらえる生活」

ブログ

「他の誰かに自分の幸せを祈ってもらえる生活」

つらい思いをして、自分を責め、他人を信頼できなくなることがあったとします。他人を信頼できない世界は、「さらに」つらい世界です。つらい世界をどうにかするには、基本的には自分が変わるしかありません。変わり方にはコツがありますので、認知療法や対人関係療法のエッセンスを用いてサポートします。徐々に、悲しみや怒りの感情が和らいでいき、喜びの感情が自然と出てくるようになります。 medical_seishinka_man 夏目漱石「草枕」の冒頭部を紹介します。 「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。」 setsubun_akaoni 人生の悩みは人間関係が元になることがほとんどです。世の中を「人でなしの国」と思ってしまうと、絶望的な気分になってしまうでしょう。生活の質を高める感情を見つけ、良い感情を表現していくことで、良い人間関係を取り戻していく、お手伝いをしていきます。 monogatari_kobutori_jiisan 当院スタッフは、「医療を通して来院者が少しでも幸せになってもらえるように、穏やかな祈りをこめて対応する」ことをモットーにします。「他の誰かに自分の幸せを祈ってもらえる生活」をもれなくプレゼントしていきます。 present_neko 来院者の症状が良くなり、喜ばれることで、当院スタッフのやりがいと喜びも増えていきます。 愛知県豊田市の心療内科 豊田土橋こころのクリニック 2016年8月開院

2016.06.17 | うつ病のすべての記事,院長の独り言,認知行動療法(CBT),こころの症状や病気,ストレス 適応障害 孤独,PTSD ASD